中高年こそ要注意!夏の冷え症の新事実!その対処法は間違っている?

コーワリミテッド 燃えてキレイにうれしい生姜 180粒

毎週火曜日のレギュラー番組である、たけしの健康エンターテインメント番組の 『みんなの家庭の医学』は、テレビ朝日系列で20時台から放送されている教養バラエティ番組である。

「たけしのみんなの家庭の医学」の主人公は勿論、今や芸能界のボス的存在の「タケシ」を前面に立てて、テレビ朝日の女子アナ・喜多ゆかり氏(ABCアナウンサー)による司会で、準レギュラーにはタケシ軍団の一人であるガダルカナル・タカや浅草キッド(水道橋博士・玉ちゃん)と、多彩な芸能人をゲストととして迎え、バラエティ風に、しかもエンターテインメント風に盛り上げている。何れの番組も病気、治療、療養、健康を主題とした番組で、万人が些か興味を引かれる番組である。

今回放送は(2014年 7月22日)、「中高年こそ要注意!夏の冷え症の新事実SP」と題して、 先ず、室内の冷房が効き過ぎて「手足が冷たくなる」など女性を悩ます様々な夏の冷えの症状、対処方として「夏でも温かい飲み物を飲む」、「靴下を2枚履く」など気になる人はそれぞれの対処をしているが、実はその対処法、間違っているかも知れないと・・?。

又、「名医が考案!、硬くなった梨状筋(人間の仙骨の筋肉で股関節の外旋を行う筋肉)を柔らかく若返らせる簡単マッサージ」では、年を重ねるにつれ次第に硬くなり、下半身型冷え症を引き起こす原因となっているお尻の梨状筋で、実は加齢に加え、ある乱れた生活習慣を続けることで、更に硬さが進行するのだという、果たして名医の考案とは・・?。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ