木村拓哉、「食わず嫌い」で大敗、恥ずかしい罰ゲームでモノマネも披露

フジテレビ系ドラマ「PRICELESS」オリジナル・サウンドトラック

SMAPの木村拓哉が7月10日(木)に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演。同番組の名物コーナー「食わず嫌い王選手権」で、14日(月)からスタートする月9ドラマ「HERO」の共演者である北川景子と対戦した。

木村の同コーナーへの出演は、2003年以来11年ぶりとのこと。前回は、竹内結子と対戦したが「山かけご飯」で敗北を喫している。MCの石橋貴明に「前回負けたときは、ものすごく怒って帰ったよね」とつっこまれると、「この番組で負けるとものすごくくやしくて、3日くらい引きずる。今回は絶対勝ちます。めちゃくちゃ対策を練ってます」と気合十分にスタートした。

コーナー中には、石橋から「踊りも、スポーツも、料理も、何でもできるからムカつく」「完璧すぎてシャクにさわる」などと言われながらも、ポーカーフェイスで5品を食べた木村。しかし、実食になると1食目に北川から指名された「赤貝のにぎり」で、あっさりと「参りました」と降参することに。最後には石橋が「今日もまた負けてしまいました。カッコ悪い木村拓哉でした!」と締め、コーナー中に木村を「完璧な男」だと言い続けたことが、完全にフリとなる形となった。

恒例の敗者による罰ゲームでは、木村が友人のモノマネを披露。「完璧な男」木村が「食わず嫌い」で勝者となる日はまだ遠いようだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ