真央ちゃん現役復帰に一歩近づいたか!長野公演終了後にコメント!

浅田真央 夢の軌跡~ドリームのきせき~

現在休業中の女子フィギュアスケート:浅田真央が、座長を務めたアイスショー「ザ・アイス」長野公演に20日出演し、華麗な演技で観客を魅了したことを、21日朝のフジテレビ“めざましテレビ”は報じた。

ショーでは初披露の「This Little Light Of Mine」の他、姉の舞さんと映画「アナと雪の女王」の名曲「Let it go」も披露した。

中でも目を引いたのは、彼女の髪型で、20センチも切ったボブカットでの登場で、心身ともに休養の最中といった感じで今までと違った真央ちゃんを見せた。

このショーは、2011年3月の東日本大震災の翌日に起こった長野県北部地震被災者へのチャリティー公演として行われたもので、同県栄村の小・中学生が招待された。その招待された中に、デザイナーを目指す夢を持った少女がいた。その少女のデザインした衣装を着た真央ちゃんを描いた絵を交流会終了後に少女は真央ちゃんに緊張しながらプレゼントした。

イベント終了後のインタビューに答えた真央ちゃんは、自分の今後の現役続行については現在検討中と語ったものの、この少女の夢については、夢を持つことは大事で、それに向けて頑張って欲しいとのエールを送った。少女の夢の実現に向けた姿をみて、真央ちゃん自身、自分の夢への挑戦再開に一歩踏み出したようなコメントをした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ