普段見せない艶やかな姿で武井咲がフィレンツェのアートを感じる

EF123_L

11月21日(土)にBSフジで放送された「武井咲のフィレンツェ紀行~時を超えて愛される美しき街へ~」で武井咲がフィレンツェの優雅な街を満喫した。

普段より濃い赤いルージュをつけ少し高いヒールを履き、少し背伸びした姿でフィレンツェのおしゃれな街並みを歩く武井は魅力十分。大人びたその姿でファッションやおしゃれなカフェも堪能する。そしてそのフィレンツェに昔から根付く”さまざまな感性”を旅していく。

美術館、緑の多い広場、礼拝堂、大聖堂などをみるうち「街全体がアートのようですね」と美しいフェレンツェで新しい発見をしながら旅をする。そして大聖堂のドームの上でフィレンチェの街を見渡したとき「この街のプライドのようなものを肌で感じることができました」と感動する武井。

フィレンツェではグッチやフェラガモなどの店も多く立ち並ぶ。しかしフィレンツェではこういった最新ファッションと職人が作る伝統工芸の美しさが混在している街。武井が見つけたのは熟練の職人が作る鮮やかなネックレスを作る小さなお店。

普段触れることの無い鮮やかなネックレスを試着した武井は「女の子ってこういうの一度着けたら欲しくなっちゃいますね」と笑いながら語る。イタリア職人の伝統工芸も満喫。イタリアの伝統染物も体験し、職人の老人にはイタリアならではのフランクなキスのご褒美をされ照れる武井も必見。

ルネサンス期から伝統を重んじ常にイタリアの文化の中心でありつづけるフィレンツェの真の魅力を武井咲が旅を通じて伝えていく。武井咲とフィレンツェの魅力を同時に楽しめる番組だ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ