大阪府民は維新政党に何を求めているのか?

bsOOK91_wakairikkouhosya

11月22日(日)に大阪では大阪府知事と大阪市長のダブル選挙があり、両選挙とも維新政党が大勝利を収めました。

これまで橋本氏をリーダとして率いてきた維新の党でしたが、選挙の前には党内分離がおこり、橋本氏推し進める大阪維新の党と東京を拠点にする維新の党とに分かれ、一体維新の党はどこへ向かって行こうとしているのかと不安を抱かせる状況が続いていました。

にもかかわらず、今回の選挙は大阪府民にとって維新の会はまだまだ何か新しい事と成し遂げてくれるウルトラマンのような存在だでした。

勝利後の大阪府民へのインタービューで多かった声は、「都構想か何か知らんけど、方法は何であれ変化をもたらしてくれるやろう。」という‘変化‘を求めて投票した声が非常に多かったことです。

松井府知事は二度目の当選で今後は吉村大阪新市長と連携し、都構想の実現目指すのだろうが、都構想がどのようなメリットをもたらしてくれるのか、具体的に開示していない中で今後どれだけの府民の指示を得られるのか、これからの維新の会の動きに目を離せません。

また大阪が維新の会の方向で動いていく中で、アベノミクスを先導している自民党とどのように折り合いをつけるのか、国民全員が注目しています。

アベノミクスで株価は上昇し、一時は民主党政治に流れていた国民がようやくもとの形を求めて自民党に戻ってきた背景からみると、いつまで維新の会の指示が得られるのか注目したいところです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ