解散はしない?KAT-TUN中丸が充電期間について生番組で発言

10TH ANNIVERSARY BEST “10Ksテンクス! "【期間限定盤2】(2CD+1DVD)

前日電撃的に発表されたKAT-TUNの実質的な活動休止について、14日にメンバーの中丸雄一がレギュラー番組の日テレ系情報番組「シューイチ」(毎週日曜 前7:30)にてコメントした。昨年11月にTVの音楽番組で田口淳之助が今春いっぱいでの脱退を表明。その際も同番組で自身の気持ちを涙目になりながら語った中丸だけに、その発言が注目されていた。

報道によると田口は3月いっぱいで脱退し、残りの3人での三大ドームツアーの最終公演である5/1を持って充電期間に入るとのこと。2011年以降メンバーが1人ずつ脱退し、デビュー当時の6人からついに3人になってしまうKAT-TUNだけにファンの間では「充電という名の活動休止から数年後に解散となるのでは?」と不安の声が上がっていた。
こうした声も中丸には届いていたのか、まず前日に一方的な報告になって心配させてしまったことを謝罪。その後胸中を語った。

中丸によると「10年間で色々なことがあった。今後11年目を迎えるにあたり何事もなかったように活動していくのはどうなのか。モヤっとした気持ちが生まれるのではないか」との懸念が全員にあることを告白。ただその一方で「自分としてはそうやって活動していくのがベストではないかと思った」ともしており、メンバー間にも思惑の差異があったことは認めている。メンバーや事務所それぞれの意向のもと、話し合いによって今回の決断がなされたことが伺える発言であった。
しかし中丸の口調は田口の脱退報道の時とは違い、淡々としながらも暗さを感じさせないよう努めていることが伝わるもの。活動をリセットした上でそれぞれがグループとしては出来ない活動を行い、新たなKAT-TUNを再び作り上げていく気概があるようだ。充電期間について具体的に決定してはいないものの「1~2年と言うワードは(会議でも)出ていた」と語っていた。

さらに「面白い現象が起こっているんですけど」と前置きし、「3月に田口のいる4人での最後のシングルが発売。4月からの是ドームツアーは今年最後の3人での活動。そして今後発売される予定のベストアルバムには10年分なので、6人と5人での曲も収録されているんです」「KAT-TUNの様々な形態が見られる10周年ということで」と語り、司会の中山秀征らを笑わせた。中山に「こうして中丸君がいつも(この番組で)話してくれるから、ファンは安心すると思うよ」とコメントされ、「ここがターニングポイントだったとなるよう、頑張っていきたい」と締めくくった。
KAT-TUNのドームツアーは4/1のナゴヤドームからスタートする。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ